どこにあるのか

どんなに素敵なヘアスタイル画像を見つけた方らと言って、それだけでその美容室への来店を決める人はいないでしょう。肝心なのはまずその美容室へ自分が実際に行く事が出来るか、というアクセスでしょう。自宅や会社からの距離やアクセス方法などが解らなければその美容室へ行く事が出来ません。ホームページではそう言った情報がとても大切だと思われます。ですがこればかりはアクセス方法やお店の位置を「魅力的に見せる」という事はできませんよね。お店の住所も最寄駅も正確に伝えることしかできません。むしろその「正確に伝える」という事を大切にすべきでしょう。住所を見ただけで「これは通うのは無理だ」という判断をしてしまうお客さんもいる事でしょう。ですがもうそれは仕方のない事ですし、その美容室やホームページが悪い訳ではありあません。そこはきっぱりと諦めるとして重要なのは「通える範囲」だと判断したお客さんにとっていかに丁寧にわかりやすくお店の場所を示す事が出来るか、という事だと思います。最寄駅は勿論ですしすぐにマップにアクセスできるようにしておくことも重要です。わかりやすく誰もが知っている様な目印となるものを明記しておくのも良いでしょう。徒歩〇分、といった情報もできるだけ正確に伝えたいものです。

お店の雰囲気

何処にある美容室なのか、ということが解ったらその次には「どんな美容室なのか」という事を知りたいと思う事でしょう。ですからお店の雰囲気が解るような写真も掲載する事が重要でしょう。お店の写真といえばよくあるのが「実際に足を運んでみたら写真とは全然違う美容室だと思った」という事ではないでしょうか。お店の中の様子を映してある写真の中には、映し方によってはとても広々として見える様に映してあったり、かなり古い写真が掲載されていたりすることがあります。そうするとその写真通りのお店を期待して来店したお客さんの中には「思っていたのと全然違う」と感じてしまう人もいるでしょう。その人にとってそれだけホームページと実際のお店に隔たりがあると、色々な事が信用できなくなってしまうと思うのです。ですからできるだけ「広く見せよう」「キレイに見せよう」とはしないでありのままのお店が映った写真の方が好感が持たれる事でしょう。いわゆる「盛られた」写真というのは確かに見栄えはするかもしえませんが現実とのギャップが広がるばかりですし、明らかに「盛っている」写真だと、それをみただけで閲覧するお客さんは「なんだか白々しい感じ」「現実味が無い」という印象を持ってしまう事でしょう。

憧れの美髪サロンへ

2019年5月で、なんと15周年を迎えます
菊川にある美容室
お客様の笑顔を創れる悦びを大事にしております
立川にある美容室
ベテランスタイリストが必ず対応します
美容室 大森 ヘアサロン カット カラー トリートメント 人気 メンズ