スタッフ紹介

美容室のホームページを見ている人は、どこにあるお店か、どんなお店か、という事がわかったらその次には「どんな美容師がいるのか」「この画像のヘアスタイルを作ったのはどんな美容師か」という事を知りたいと思われます。ですからスタッフの紹介ページと言うのも充実させたいところです。よくあるパターンとして美容師の写真が載っていて自己紹介的なものが描かれている感じですね。確かにその美容師の人物像と言うのは解ると思います。その人が作ったヘアスタイル画像へすぐにアクセスできるようになっていれば自分がなりたいスタイルを作ってもらえるかどうか、という事も確認できるでしょう。ですがそれはどこの美容室のホームページでも見られるレイアウトかもしれません。そういったページに一工夫されていたり、スタッフの紹介内容がもっと楽しいものであれば、よりお客さんは親しみを感じたり足を運びやすくなったりするものと思われます。コンテストの入賞経験などでいかにその美容師が腕のある美容師か、という事ばかりが強調されている内容は逆に敷居ががかくなってしまう可能性もあります。その美容師がいかにお客さんを大切にしているか、という事や、こんなお客さんに来てほしいと思っている、といった内容を強調するのも良いかもしれません。

身近に感じさせる工夫

お客さんの中にはとても美容室にこだわっている人もいるかもしれません。特別な感じの高級感のある美容師の腕も一流であるような美容室を探している人もいるかもしれません。ですが一般的なお客さんは「入りやすい美容室」と求めている可能性が高いです。あまりにもおしゃれであまりにも高級感があり、あまりにも格の高い感じのする美容師が迎えてくれるような美容室だと、逆に気後れしてしまいそうで嫌だ、と思っている人も多いものです。ですからホームページで「身近な美容室」と感じさせることも大切でしょう。たとえばスタッフ紹介だけではなく、スタッフがお客さんとふれ合っている様子や、スタッフ同士で過ごしている時間の様子、社員旅行などの写真を掲載するのも良いと思います。そう言ったものがあればお店の中の雰囲気もなんとなくお客さんに伝わるでしょうし、そういったオフショットでは美容師のありのままの人間性が垣間見ることができるかもしれません。そういった写真やエピソードに触れる事で、とても親しみを感じて足を運びやすくなる事も考えられます。綺麗なホームページ、オシャレなホームページ、センスの良いホームページばかりを目指すのではなく、いかに見る側のお客さんに足を運んでもらう工夫がされているか、という事が重要でしょう。

BEST CHOICE SALON

お手頃価格で何度でも体験できるサロンを実現
美容室 自由が丘 ヘアサロン カット カラー 評判 口コミ 人気
美容室が苦手な方も大丈夫!【女性スタイリストが多数在籍】
美容室 新宿 ヘアサロン カラー パーマ トリートメント おすすめ
納得頂けなければ『完全返金』させて頂きます
美容室 ヘアサロン 柏 カット カラー パーマ 口コミ 予約 メンズ