休日の束縛

美容師の休日と言うのは昔に比べるときちんと確保をされるようになってきている、と言えるようですがそれでも休日とはいえ仕事に絡んだことを何かしらやらなくてはならない、という事はあるようです。たとえば講習会や勉強会などは、どうしても主催者側が出席者を確保するためにお店が休みの時に開く傾向があるようです。そうすると特にアシスタントや経験の浅い美容師たちは休日とはいえ参加せざるを得ない状況になるようですね。また個人的にも休日の間に自分の練習をしたい、という事も有ったり、仕事用の服を買うために出かけたり、自分のヘアスタイルを整える事もあるようです。また最近ではSNSが普及してきているので美容師も個人の活躍をSNSにアップするケースが増えてきています。何気ない日常から付く有ったヘアスタイルまでお客さんに親しみを持ってもらうための立派な集客の仕事なのですが、だからといってお店の営業中にスマホやパソコンに向かう訳には行きませんから、どうしても休日に更新する事になってしまう様です。もっともこういった事は根っから美容師と言う仕事が好きな人にとってはそれもまた楽しい事なのかもしれません。一概に休日まで仕事に縛られている、とは言えないかもしれませんね。

月曜の休みはこれからも続くのか

月曜日を定休日にしている美容室の多くは歴史的な流れをそのまま取り入れている、と言えるかもしれませんが月曜日が休み、というのは案外都合が良いものとも言われています。たとえばお子さんの行事が日曜日にある場合には月曜日が振り替えでお休みとなるケースが多いものです。そうすると月曜日にお子さんと休日を過ごす、という事ができますね。最近はハッピーマンデーと称した休日も増えてきていて、その時には美容室も休みにするところも出てきています。なんとなく週の初めに休みがある、というのは気分的にうれしいものでもあります。歴史的な理由で火曜日を定休日としている美容室もありますが、月曜日の方が休みにするなら都合が良い、という事で定休日を月曜日に変えた美容室も有る様ですね。ですから最近では歴史的な理由ではないにしても、月曜日を定休日とするのが都合が良い、と考える美容室も増えてきているのではないでしょうか。ですから歴史的な名残も残しすつ、月曜日の定休はこれからも続いていくのではないか、と思われます。最近ではさまざまなサービス業がありますから土日休みではない事も珍しくはありません。月曜日や他の平日が休みでも問題なく楽しめる事も増えてきたように思いますね。

今日明日行けるサロン

なりたい×らしさ、で自分史上最高のスタイルへ★
能見台にある美容院
あなたの魅力を引き出し、理想のスタイルを提供いたします。
調布にある美容院
全てのお客様が落ち着ける空間で、低価格、ハイクオリティ
横須賀にある美容院