お客さんの情報量

近年の美容室のお客さんはインターネットの普及などにより、本来は美容師が提供すべき情報や知識を簡単にネットで収集できるようになってきています。場合によっては美容師自らがインターネットで発信している内容もあります。ですからカウンセリングの時にはお客さんの方が自らなりたいスタイルやそのためにどうしてほしいか、という事をかなり詳しく話す日後も多いようです。それは美容師にとってはありがたい事でもあります。お客さん自らが「こうしてほしい」という事を明確に指示してくれるのですから、それにそってヘアスタイルを作ればよいかもしれません。ですが本来美容師とはクリエイティブな職業であると言っても良いでしょう。自分のセンス、お客さんに似合うかどうかの判断、お客さんの希望へのアレンジ、など経験と知識によってお客さんが求めるさらに上のヘアスタイルを提供するのが醍醐味なのではないでしょうか。それがお客さんからまるで「私の言う通りにして」という感じで支持をされるようになってしまっては、美容師の遣り甲斐が減ってしまうかもしれませんね。それでも美容師にはネット上の情報に負けないものがあります。それは美容師としての経験でしょう。その経験を生かしてお客さんにより良いヘアスタイルを提供していく事で、お客さんからも信頼されるようになる事でしょう。

美容師の立場の変化

近年の美容室業界では、どちらからというとお客さん優位な感じで営業されているお店が多いように思うのです。それは美容師の技術が昔よりも下がったと言う事ではないでしょう。むしろその逆で美容師の技術は常に向上していると思いますし、美容室で使われている薬剤はヘアケア用品などもかなり進化してきていると思うのです。それにもかかわらずお客さんの方が美容師に強くものを言えるようになってきてしまったのは、美容師の件数が増えすぎて、お客さんが優位に美容室を選ぶことができるようになったからだと思います。かつては地域に一件ぐらいしかなかった美容室へ、当たり前のようにその地域の人たちが通っていたと思います。ですが今では自分の住む地域に美容室が何件も有る、という事が普通になってきています。美容室側はお客さんに選んでもらえなければ閉店に追い込まれるような事態となっています。だからお客さんに選ばれるためには、どうしてもある程度お客さんの言う事を聞かなくてはならない、クレームになるような事をしてはいけない、という立場に追いやられてしまったのだと思います。もちろんお客さん自身がなりたいと思うヘアスタイルを作るのが美容師の仕事ではあります。ですが細かい事まで注文したり、仕上がりに文句をいう様な事はかつては無かったことのように思います。

今日明日行けるサロン

ハイクオリティな仕上がりを今すぐご体験下さい!!
小岩にある美容院
一人ひとりの似合わせを提案致させていただきます!
行徳にある理容室
国産の高級薬剤の一括仕入れ&無駄なコスト削減で実現します☆
平井にある美容室