日傘のメリット

女性の人なら夏場は帽子よりも日傘を使う、という人も多いですよね。日傘は帽子とは違うメリットも多くあります。デメリットとしては持ち運びにかさばる、という事でしょう。傘を一本持っていると荷物が一つあるのと同じ感じです。さして歩いている時もそれだけで片手が塞がってしまいます。折りたたみの日傘ならカバンに入れる事も出来るのでかさばらないかもしれませんが、指したり閉じたりするのに面倒ですし、いちいちたたむのも手間がかかります。ですが日傘と言うのはどこでも自分専用の日陰を作ることができる、という点ではとても便利です。最近は日傘の種類も豊富になってきました。単純に長傘か折りたたみか、というだけではなくその素材もバリエーションが増えたようですね。かつては日傘と言えば布製のもので、涼しげなレース生地のものが主流だったと思います。最近ではより光や熱を通さない素材のものがメインとなってきています。特に紫外線をカットする効果が高いものが人気の様ですね。見た目には銀色だったり黒だったりしてあまり涼しげには見えないデザインが多いのですが、その効果はかなり大きい様です。紫外線カット効果だけではなくデザインもオシャレなものがたくさんあり、夏のおしゃれアイテムの一つとしても重宝するようです。

まとめ髪の工夫

ロングヘアやミディアムヘアにしている人は、夏場はあえてショートカットにするのではなくその長さを維持する人が多いものです。それはその長さがあれば髪の毛と一括りにしてすっきりしたヘアスタイルにする事が出来るからですね。確かにその方がロングヘアを降ろしているよりはすっきりして見えます。ですがそこでもう一つ気を付けたい事があります。ひとくくりにする事で本人は随分と涼しく過ごす事が出来るに違いありません。そこでもう一工夫考える必要があります。それは周囲から見ても涼しげに見えるか、という事です。夏はオシャレをするのも面倒だ、という気分になってしまいがちです。ですがやはり「きちんとしている人」というのはそれだけでも涼しく見えます。確かにスーツを着ている人を見ると「こんな季節に暑苦しい」と思うかもしれませんが、その時にきちんと着こなしている人と、暑いからとだらしなく着用している人とではどちらが涼しく見えますか?やはりきちんとしている人だと思うのです。それと同じでただ髪の毛を括ればよいのではなく、きちんとおしゃれに括っている方がより涼しく見えます。基本的には毛先が揃っているか、結びきれていない髪の毛が鬱陶しく見えたりしないか、という事ですね。さらに涼しげな色のリボンを使うとか、毛先のばらつきを見せないために編み込みにする、お団子ヘアにする、といった工夫ですね。

憧れの美髪サロンへ

海沿いのカフェをイメージさせる落ちついた雰囲気の店内
八潮にある美容院
「なりたい私」を叶える為のカウンセリングを大切にしています
三軒茶屋にあるヘアサロン
骨格、髪質はお客様それぞれです。
府中にある美容院